日英・英日翻訳

ご注文フォーム

日本語→英語(和文英訳)、あるいは逆に英語→日本語(英文邦訳)の文章翻訳を承ります。

当社ウェブサイト上からお気軽にご注文できます。 注文の流れや注文のファイルの形式については、 ご注文の流れと支払いの項をご覧下さい。 またはお気軽にお問合せ下さい

A translation example: Jefferson's word, taken from Addicted to War

Addicted to War (Joel Andreas著; 2004年), Y. Kikuchi, M. Sakano 他訳 より抜粋

当社の翻訳サービスは、 正確さと文章の自然さに重点を置いています。 特に理系の文書に強いことを売りにしています。 なかでも天文・天体物理学は専門書から学術論文まで対応し、 物理学、宇宙工学関係もそれに準じます。 一般的な分野の文書、たとえば小説や手紙や商業文に関しては、翻訳者の知識水準は高等教育を収めた人の社会常識程度、たとえば(高級)新聞記事程度になります。 いくつかの例外[*]を除き、およそどの分野の文書でもご注文を受付けます。 注文時に、文書の分野をご指定下さい。

納品は、デフォルトでは、英国英語形式になります[**]。 米語形式をご希望の場合は、ご注文の際に、備考欄にてその旨、お知らせ下さいませ。

納期は文書の量や難度、当社でその時点で取りかかっている注文の量、 スタッフの事情によって変わります(詳しくは、 「納期と営業時間」をご参照下さい)。 ご注文頂いた後、可及的速やかに、お支払いまで頂いている場合は納品、 またはもし何か不都合や問題がありましたらご連絡差上げます。 見積もり希望の場合は、見積もり料金と納期をご連絡します。

どうぞお気軽にご注文フォームからご注文下さい。

ご注文フォーム
ご注文の流れと支払い
お問合せ


注[*]: なお、残念ながら、医学・薬学系文書、法律文書、金融関係の文書の翻訳・検定・校正はお受けできません。

注[**]: たとえば、Oxford Dictionary of English をご参照下さい。 日常生活の表現、なかでも罵り言葉のような俗語は、米英で相応の違いがあります。 しかし、知識層の表現、特に文語表現や丁寧な表現は、一部の単語の綴りを除けば、米英ともに比較的似通ってきます。 なお、米英の英語の最大の違いは標準的な発音の仕方と言っていいでしょうが、当社の納品は原則として全て文章ですので、それは当然、関係ありません。